夢を見る島[illustration by higan chan]

たまにはゲームの感想をば。
3DSのバーチャルコンソールで久々に
「ゼルダの伝説 夢を見る島(カラー版)」をノーコンティニュークリアしたのですが
やはり素晴らしいゲームだなーと。
このゲームを「名作」「好き」という人は多いですね。
オリジナル発売1993年、カラー版が1998年
しかもゲームボーイ(カラー)という制約バリバリのハードで製作されたにも
関わらず、現在に至るまで、ここまで人を引き付けているゲームも珍しいですな。

夢を見る島
今回も素敵なイラストを彼岸さんに描いてもらいました。ありがとう!

このゲームは主人公が迷い込んだコホリント島(夢の世界)を脱出することが目的なわけですが
それは、夢の世界である程度のバランスがとれていた
メーベ村、どうぶつの村を中心とする島の住民、そしてモンスター

ん?ちょっと待てよ?「モンスター」と「住民」って区別していいのだろうか?それは
あくまで主人公の勝手な主観で区別してるだけではなかろうか?


の世界に後から介入してきた主人公が脱出=夢が覚めるというわけなのでして
モンスター(あくまで主人公にとって)が主人公を攻撃してくるのは自分たちの夢の世界を守るため。
なので主人公を攻撃してくるのにも、あっち側にとっても理由があるわけでして
その辺がそんじょそこらの勧善懲悪物作品とは次元が違う。
ネタバレになるので詳しくは書きませんが、村の人々とモンスターが同列に扱われてる
重要なシーンも考えさせられますね。

そして、決してキャラごとのセリフのバリエーションが多いわけではないこの作品の中で
ヒロインであるマリンが終盤に発するセリフ
「・・わたしのことわすれないでね、わすれたらしょうちしないから!」
切ないですねぇ。中盤にあるマリンとのデートイベントと相成ってとても印象深いです。
あとは個人的にはメーベ村の4兄弟のセリフもいちいち深くて好きですw

CABK2U31.jpg

そして、他の作品にも言えるんですが
これぞ任天堂!と言える、可愛いんだけどちょっと変?みたいなノリが特に強く感じられて
そこも好きですねw

まぁ、しかしこのゲームは多少難易度が高いと思われるのと
昔のゲームなので操作系がめんどうというのはあります。
ノーコンティニューエンディングという制約を設けなくても
良かったのでは・・・と思うところではありますが。
あのエンディングはクリアした人全員に見て欲しいなーと思うところです。

ゲームの本質的なおもしろさはハードの性能「だけ」ではない(ハードの性能ありきの
名作ももちろん素晴らしい)ということを改めて思いしらされるゲームだと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

星野スミレ

Author:星野スミレ
平沢進、P-MODELを敬愛して、27年の
星野スミレによる電子降る日々

(C)Denshi Furu Nikki

This is a blog I, Sumire Hoshino, write about my days and events as a fan of Susumu Hirasawa and P-MODEL. The mainly featured journal pages are about my big collection of CDs and records. I have tried collecting all of the different versions of each CD/record by Susumu Hirasawa/P-MODEL. I hope you enjoy reading it.

My twitter ID is :@sumire_hoshino

現在の記事数 186

[メイン記事]
複数買いコレクションです↓の記事へのリンクからどうぞ


■カルカドル

■IN A MODEL ROOM

■Perspective

■舟

■ANOTHER GAME

■P-MODEL

複数買い以外の記事をいくつか紹介

■DIW/SYUN全作品解説

■SYUNレーベル作品の今

■Lotusの名が与えられた曲たち

■Solid air ver紹介

■フ・ル・ヘッ・ヘッ・ヘツver紹介

■サイボーグver紹介

■ゼブラver紹介

■SCUBA3部作解説

■核P-model

■三界の人体地図全ver比較(イアラさん)

■錯乱の扉の向こう側/マンドレイク(イアラさん)

■BITMAP全ver

■ソロ25周年企画

■ヴァーチュアル・ライブ

■還弦企画

■過去向く士・Ψヶ原の策謀まとめ

■キミの確率を確立

■ステージの純さんと会話した!

■ゆいこ

■平沢×宮村優子

■大四喜[宮村優子]

■Ruktun or Die

■Rika's Blog Kamifuusen

■舞台版千年女優

★電子降るお絵かき
描いた絵を気が向いたときに載せています。

海外在住Hirasawaファンインタビューシリーズ[協力/Lucyさん]
From Hirasawa Fans All Over the World (Translation:Lucy)

■Osamahさんインタビュー
Interview with Osamah, Saudi Arabia

■Osamahさん来福記録
Osamah"s Trip to Fukuoka

■犬風船さんインタビュー
Interview with InuFuusen(Cano), China

■Osamahさん日本旅行エッセイ
Osamah's Essay on Journey to Japan

■Bryanさんインタビュー
Interview with Bryan, Peru/USA

■Pavelさんエッセイ
Essay with Pavel, Czech

最新記事
電子降る訪問者
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR