ふるへっ!

密かな人気曲、フ・ル・ヘッ・ヘッ・ヘッ(ふるへっへっへ)
家にあるのをまとめてみました。正式発売されたものだけを。
メディアはVHSやCDとかで複数ver発売されたものは割愛してます。
ちょっとした感想を書いていきます。

ふるへ1

レベル・ストリート
LP CD
フ・ル・ヘッ・ヘッ・ヘッ
初 82/12/15

この曲の「オリジナルver」はどれか?という場合「オリジナルアルバムに最初に収録ver」か
「最初に世に出たver」かでわかれると思いますが、自分はこのverに一票。
「ANOTHER GAME」のverと、それほど違ってるわけではないけども
まぁ、簡単に言えば「パースペクティブ」発売の8カ月後に発売、さらに田中さんも在籍時
ということもあり、パースペクティブな感じのアレンジですね。
特に、リズムは本当カッコイイです。
個人的に一番好きなver。

ANOTHER GAME
LP CD
フ・ル・ヘッ・ヘッ・ヘッ
初 84/2/25
記事リンク⇒アナザーなANOTHER GAME

レベル・ストリート版より、生っぽい感じ。
リズムの「チキチキ音」がないのが、そう感じさせるのでしょうか。カラッとした音ですね。
これはもちろん、発売時期、制作メンバーを知ってるから、言えることなんですが
レベル・ストリート版から田中さん成分を引いた感じ??
「ANOTHER GAME」はカバー曲「BIKE」以外は全て平沢単独で作曲。
次作の「SCUBA」と並んで、平沢個人にとって、とても重要な時期だったんだと思います。
この曲、「ANOTHER GAME」の中で唯一の日本語タイトルの曲ですね。

三界の人体地図(LIVE)
VHS DVD
フ・ル・ヘッ・ヘッ・ヘッ
初 88/7/1
記事リンク⇒三界は三回出た!(イアラさん執筆)

凍結前の生演奏ライブ収録作品。フルへは凍結前、超高速でやってる時もあるけど
このライブのフルへは「超」高速とまではいかないver。
この作品カッコイイですよね。イアラさんの記事に詳しく書かれてますが
VHS2種、DVD(厳密は2種)あるんだけど、モデルハウスのVHSの画質は素晴らしい。

ふるへ2

error(LIVE)
VHS DVD
(「夢見る機械」の中で)
初 90/9/21
記事リンク⇒シンフォニック・コード&エラーCD+DVD

「月の運航に手拍子で参加」の手拍子からフルへが30秒ほど。
平沢はこういうのが本当にうまいんですが、この組み合わせは見事ですね。

BITMAP(プロモーションビデオ)
VHS LD DVD
ふるへっへっへ
初 92/9/2
記事リンク⇒「BITMAP」3ver

解凍後初の映像作品「BITMAP」にPVを収録。YOU1さん制作です。
表記はひらがなで「ふるへっへっへ」。
82年の秋口に撮影された(「BITMAP」解説より)ということで
「レベル・ストリートver」と同時期に録音された?のでしょう。
どっちかというと「ANOTHER GAME」のほうに近いですね。
このPVは「BITMAP」のボーナストラックのようなもので、当時、解凍世代にとって
ネットなどもない時代、感動ものでした。

PAUSE(LIVE)
CD
フ・ル・ヘッ・ヘッ・ヘッ
初 94/5/25

SYUNレーベルの2作目で解凍P-modelの最後のライブを収録したアルバム。
当たり前のような気もしますが、全verで一番、単純にピコってますね。
解凍、改訂、核でさまざまな凍結前の曲をリアレンジして演奏してますが
この曲、構造的にすごく「テクノ映え」しますよね。カッコイイです。

核P-model 1stライブ達成記念
mp3
フ・ル・ヘッ・ヘッ・ヘッ2005
初 05/2/22

LIVEトーキョー・ビストロン後にLIVEで使用した音源をmp3にて販売。
P-modelの曲はこの「フ・ル・ヘッ・ヘッ・ヘッ」と「ソリッドエアー(HOLLAND ELEMENT
とのマッシュアップ)」です。
2(3)曲とも、いわゆる「徳間ジャパン時代」の2作から、というところが、ミソですね。
アレンジは解凍後にやっていたアレンジを基本に今風(当時)にした感じ。

LIVE VISTORON(LIVE)
DVD
フ・ル・ヘッ・ヘッ・ヘッ
初 05/4/1

LIVEトーキョー・ビストロン4日目を収録したDVD。
アンコールで演奏されました。
このLIVE、当時アルバム一枚しかなかったので、当たり前ですが
P-model時代の曲(解凍後の曲がほとんど)をやりまくってくれましたね。
前述の2曲が凍結前のナンバーだったわけですが、アレンジは解凍、改訂のころで
良いので、もう少し凍結前の曲もやって欲しかったなーと当時思っておりました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

星野スミレ

Author:星野スミレ
平沢進、P-MODELを敬愛して、27年の
星野スミレによる電子降る日々

(C)Denshi Furu Nikki

This is a blog I, Sumire Hoshino, write about my days and events as a fan of Susumu Hirasawa and P-MODEL. The mainly featured journal pages are about my big collection of CDs and records. I have tried collecting all of the different versions of each CD/record by Susumu Hirasawa/P-MODEL. I hope you enjoy reading it.

My twitter ID is :@sumire_hoshino

現在の記事数 190

[メイン記事]
複数買いコレクションです↓の記事へのリンクからどうぞ


■カルカドル

■IN A MODEL ROOM

■Perspective

■舟

■ANOTHER GAME

■P-MODEL

複数買い以外の記事をいくつか紹介

■DIW/SYUN全作品解説

■SYUNレーベル作品の今

■Lotusの名が与えられた曲たち

■Solid air ver紹介

■フ・ル・ヘッ・ヘッ・ヘツver紹介

■サイボーグver紹介

■ゼブラver紹介

■SCUBA3部作解説

■核P-model

■三界の人体地図全ver比較(イアラさん)

■錯乱の扉の向こう側/マンドレイク(イアラさん)

■ヒカシューの絶景クリスマス(Lucyさん)

■BITMAP全ver

■ソロ25周年企画

■ヴァーチュアル・ライブ

■還弦企画

■過去向く士・Ψヶ原の策謀まとめ

■キミの確率を確立

■ステージの純さんと会話した!

■ゆいこ

■平沢×宮村優子

■大四喜[宮村優子]

■Ruktun or Die

■Rika's Blog Kamifuusen

■舞台版千年女優

★電子降るお絵かき
描いた絵を気が向いたときに載せています。

海外在住Hirasawaファンインタビューシリーズ[協力/Lucyさん]
From Hirasawa Fans All Over the World (Translation:Lucy)

■Osamahさんインタビュー
Interview with Osamah, Saudi Arabia

■Osamahさん来福記録
Osamah"s Trip to Fukuoka

■犬風船さんインタビュー
Interview with InuFuusen(Cano), China

■Osamahさん日本旅行エッセイ
Osamah's Essay on Journey to Japan

■Bryanさんインタビュー
Interview with Bryan, Peru/USA

■Pavelさんエッセイ
Essay with Pavel, Czech

最新記事
電子降る訪問者
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR