ネオバラッド しゃくなげ荘LIVE

先日、福岡の外れのほうの地にある旅館、しゃくなげ荘という旅館で
ネオバラッドのLIVEがありました。
まず、ボクは最初に断っておきますが、ネオバラッドのコアなファンでは
ありません。そもそも今回のLIVEが初ネオバラライブだし。

それよりも改訂P-modelのとき以来、約20年ぶりに上領さんに会って
おきたかったという平Pファンとしての気持ちのほうが実は、遥かに強かったです
⇒注 この文節最後に続く(必読)

添田駅
添田駅

とにかく福岡の外れに立地する旅館であり、片道なんと博多から電車で約2時間
しかもそこから、旅館のシャトルバスで20分というすごい場所。
添田駅という駅でシャトルバスが待機しておりまして、搭乗。
バスは満席でしたが、ネオバラを目的に乗ってる人はボクを入れて一緒に行った
3人だけというのは明らか。と、そこで一人予約してる人が来てないと
運転手さんが。いろいろ連絡とってまして、どうやら一つ前の駅で
降りてしまったよう。なんだかんだで、その人を迎えに行くことになりまして
その駅で搭乗してきた人が、若い女の子でして「100%ネオバラ目的だな」と。
後ろの席に座られたので聞いてみると、その通りでした。ここではその子を
Kさんとしておきます。
道中、いろいろお話を。と、そこでこの「電子降る日記」をKさんが結構前から
愛読してくれていることが判明。他の方からも読んでますよ、と言われたり、DM送って
もらったりすることは、ありがたいことにあります。が、これは偶然ということもあり
とても嬉しかった。あとパラレル・コザックのときにメカノで店長と話してるボクを目
撃してたらしいw。Kさん、今後ともよろしく。不思議な出会いもあるもんだ。

というわけで旅館に到着。いかにもな感じの旅館。会場は畳でお弁当を食べながらの
LIVEです。もちろんそういうLIVEは初です。

ボード
手書きのボード

と、ここで当たり前ですが(笑)結構古い知り合いのクロさん登場。
クロさんとは平沢の「東京異次元空洞」以来に会いました。
相変わらずの上領さん愛に感心。今回のセトリもクロさんに承諾を得て使わせて
もらってます。
今回のLIVEでサインしてもらう用にP-modelの「舟」全ヴァージョンと
(リンク)⇒舟コレクション
「Rocket Shoot」を持って行きました。ネオバラのCDはあえてもっていかなかった。

LIVEスタート。最前席です。上領さんに見えるように複数の「舟」を降ります!
今回は車での移動のツアーということで、シンセドラム。
上領さんのシンセドラムがすごく新鮮でした(これはライブ後に本人にも伝えました)
さちさんのボーカルも、当たり前だけど素晴らしかったなぁ。
ライブ中会場を見渡すと、年配の、民謡好きであろう方々が、手拍子でノリノリ。
この光景は本当に素晴らしかった。暖かいライブでした。

セトリ(クロさん提供)
・じょんがら節
・おてもやん
・ソーラン節
・相馬盆唄
・五木の子守唄
・炭鉱節(バラード)
・刈り干し切り唄
・花笠音頭
・俵積み唄
・大黒舞
・炭鉱節(POP)
・ユンタ。

フライヤー
フライヤー

ライブ終了。帰りのバス出発まで1時間程度あったので、上領さん、さちさんと
結構話せてとても楽しかった。持参のCDにサインしてもらったりしました。
P-model時代のファンとしての想いを伝えれたのが嬉しかった。
上領さん、すごく丁寧で紳士的で、相変わらずカッコよく。昔から、変わらずの
女子人気も当然だなぁと思った。みんな満足して、さあ帰ろう、と。

ここで電車が予定より1本遅れてしまい、なんと1時間待ちにw
この寒い中どうする~的な感じだったんですが、地元の方々にスナック(笑)で
時間をつぶさせてもらえることに。数人から女性と間違われましたが
それは、よくあることなのでw置いといて。
あの時の方々、ありがとうございました。感謝感謝。
無事、帰宅。時間は午前0時を回ってました。疲れた・・・。

続き(まとめ)⇒ネオバラ素晴らしかったですが、今後もボクがネオバラの
コアなファンになるということはないでしょう。しかし、もちろん好きだし、
今回のように近くでライブがあったら参加します。

んで、ここからが本文のまとめなんですが
上にも書いてますが、ライブ中、「民謡をするユニット」を観に来てた
大多数の年配のお客さんの楽しい感じがとても印象に残ってて。
ライブ後もCDを買われてて、さちさんに「民謡最高!」と握手などを
されてる、おじさんの光景なども。
これはライブ後に上領さんにも、しっかりと伝えたんですが
民謡になじみがない、いわゆるテクノ、NW好きな人、そして民謡大好きな人
年齢もさまざま、そんな人たちが一緒に楽しめる。
上領さん自身も民謡をリスペクトしている。それを楽しみながらツアーという形で布教
している。素晴らしいな、とつくづく思い。

今度は博多に来てくださいと、そして呼びたいですと伝えました。
本当に呼べるといいなぁ。どんたくとかいいかなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

先日はありがとうございました

色んな事が立て続けに起きてびっくり&楽しかったです(笑)
ネオバラLIVEは本当に暖かくてパワフルで、終始素晴らしかったです。
年配の方とお話しされてるさちさんや機材の片付けをされてる上領さんも印象的でした。
どんたく等に呼べると良いですよね。
こちらこそ、よろしくお願いします!

こちらこそ、ありがとう!

そうだねー。いろんなことがおきたねw楽しい一日でした。
ネオバラのLIVEは本文にも書いてるけど、すごく暖かかった。
良いLIVEでした。
Kさんの音楽の趣味イイネ!だね。音楽談義しましょ
どぞ、よろしく~
プロフィール

星野スミレ

Author:星野スミレ
平沢進、P-MODELを敬愛して、26年の
星野スミレによる電子降る日々

(C)Denshi Furu Nikki

This is a blog I, Sumire Hoshino, write about my days and events as a fan of Susumu Hirasawa and P-MODEL. The mainly featured journal pages are about my big collection of CDs and records. I have tried collecting all of the different versions of each CD/record by Susumu Hirasawa/P-MODEL. I hope you enjoy reading it.

My twitter ID is :@sumire_hoshino

現在の記事数 177

[メイン記事]
複数買いコレクションです↓の記事へのリンクからどうぞ


■カルカドル

■IN A MODEL ROOM

■Perspective

■舟

■ANOTHER GAME

■P-MODEL

複数買い以外の記事をいくつか紹介

■DIW/SYUN全作品解説

■SYUNレーベル作品の今

■Lotusの名が与えられた曲たち

■Solid air ver紹介

■フ・ル・ヘッ・ヘッ・ヘツver紹介

■サイボーグver紹介

■ゼブラver紹介

■SCUBA3部作解説

■核P-model

■三界の人体地図全ver比較(イアラさん)

■BITMAP全ver

■ソロ25周年企画

■ヴァーチュアル・ライブ

■還弦企画

■過去向く士・Ψヶ原の策謀まとめ

■キミの確率を確立

■ステージの純さんと会話した!

■ゆいこ

■平沢×宮村優子

■大四喜[宮村優子]

■Ruktun or Die

■Rika's Blog Kamifuusen

■舞台版千年女優

★電子降るお絵かき
描いた絵を気が向いたときに載せています。

海外在住Hirasawaファンインタビューシリーズ[協力/Lucyさん]
From Hirasawa Fans All Over the World (Translation:Lucy)

■Osamahさんインタビュー
Interview with Osamah, Saudi Arabia

■Osamahさん来福記録
Osamah"s Trip to Fukuoka

■犬風船さんインタビュー
Interview with InuFuusen(Cano), China

■Osamahさん日本旅行エッセイ
Osamah's Essay on Journey to Japan

■Bryanさんインタビュー
Interview with Bryan, Peru/USA

■Pavelさんエッセイ
Essay with Pavel, Czech

最新記事
電子降る訪問者
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR