「サイボーグ」ver考察

前回の「Solid Air」に続き「サイボーグ」の「公式発売された」
音源をまとめてみます。

[オリジナルver]
・「KARKADOR」収録
詳しくはこちら⇒カルカドルコレクション

ELR-28002(LP)
ALCA-258(CD)
ALCA-9134(CD)
CHTE-0009(太陽系亞種音DISC5)
MHCL-1136(CD)
MHCL-1136 (上記の限定再販)※違いは包装ビニールの解説シールの有無だけ

オリジナル。解凍P-modelの1stの5日前に初CD化(ALCA-258)
自分はリアルタイムでは解凍Pとほぼ同時期に凍結前のそれぞれのアルバムの初CD化盤を聴いた
「サイボーグ」を初めて聴いたときの衝撃は忘れられない(その時はまだLIVEの方法は当然、発売前)
やはり今でも「LIVEの方法」verとオリジナルは同じぐらい好き。

[凍結前Live ver]
・「三界の人体地図」収録
詳しくはこちら⇒三界は三回出た!(イアラさん執筆)

OMH-V001(VHS)
宝島VOS7号(VHS)
SYUN-016(VHS)
CHTE-0032(DVD)

凍結直前の人力ライブver。この作品は好きな人多いでしょう
モデルハウスから発売されたOMH-V001は画像が綺麗だけど
後の2つの画像は・・・。
宝島のビデオマガジン「VOS」7号にも同verのサイボーグ収録
「三界の人体地図」では観られないイントロの演奏場面が観られるのがポイント

[初期ソロLive ver]
・「error」「error CD+DVD」収録

POVH-1002(VHS)
UPCY6934(DVD)

ソロ初期でのライブver。「error」収録のテイクはかなりロックなアレンジ?
イントロの友田慎吾のドラムソロ、演奏メンバーのアクションw曲の終わり方もロックですね。
「LIVEの方法」のアレンジと対極のイメージがする。
初期ソロ、解凍Pの活動の差別化をよく表しているのではないかな。

[解凍P-modelver]
・「ライブの方法」収録

SYUN-003(CD)
CHTE-019(太陽系亞種音DISC15)

このアルバム、P-model名義の作品で間違いなく最重要アルバムの一つだと思うんですが
特に、このverのサイボーグはもう、所謂、解凍世代にとっては、アンセム中のアンセム。
最高、本当にありきたりな言葉だけど最高としか表現しようがない。
解凍Pの初期ではまたアレンジが違ってた。

[タイver-1]
・「SIM CITY TOUR」収録

平沢バイパス発売(VHS)
CHTE-0027(DVD)

Sim Cityのインタラで演奏。
便宜上、ここからのソロで演奏したverをタイverと呼ばせてもらいます。
ここでアルバム「Sim City」収録の「Recall」と融合されることに
「サイボーグ」というタイトルも、(もちろん新たに解釈されたのだが)
まさにアルバム「Sim City」のコンセプトにピッタリではないだろうか。
これは偶然なのか、必然なのか。
LIVEにゲスト出演されていたMIss Nのタイ語の唄で終わる。

[不幸のプロジェクトver]
・「不幸はいかが?」収録
詳しくはこちら⇒テクノな過程

SYUN-013(CD)

平沢と小西によるユニットでカヴァー。通称ダンスver。
CDのクレジットは、「作詞 平沢進 作曲 小西健司 平沢進」となっている。
まぁどう聴いても小西によるミックスなのですが、かっこいいです。
ちなみに改訂P-modelではサイボーグはやってない(はず、もちろん同時期にソロではやってる)

[タイver-2]
・「PHONON 2550 LIVE」収録

CHTE-0042(CD)

・「PHONON 2550 VISION」収録

CHTE-0045(DVD)

記念すべきPHONONの最初のLIVEで演奏。
基本、タイver-1を踏襲した感じ。
「Recall」部分で終わってた前verと違い
その後、後半パートが始まり、終わるという構成。

[(還弦)タイver-3]
・「PHONON 2555 VISION」収録

CHTE-0072(DVD)

基本タイverだけど、かなり変更あり。弦なイントロ追加
アレンジはかなり還弦的、そして途中の「Recall」部分を全面カット(ってこれはタイverと定義していいのかと思った)
2550のverとかなり雰囲気違う。
しかし、このLIVE、本当にすごく良いライブだったと今観直してもそう思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

星野スミレ

Author:星野スミレ
平沢進、P-MODELを敬愛して、27年の
星野スミレによる電子降る日々

(C)Denshi Furu Nikki

This is a blog I, Sumire Hoshino, write about my days and events as a fan of Susumu Hirasawa and P-MODEL. The mainly featured journal pages are about my big collection of CDs and records. I have tried collecting all of the different versions of each CD/record by Susumu Hirasawa/P-MODEL. I hope you enjoy reading it.

My twitter ID is :@sumire_hoshino

現在の記事数 190

[メイン記事]
複数買いコレクションです↓の記事へのリンクからどうぞ


■カルカドル

■IN A MODEL ROOM

■Perspective

■舟

■ANOTHER GAME

■P-MODEL

複数買い以外の記事をいくつか紹介

■DIW/SYUN全作品解説

■SYUNレーベル作品の今

■Lotusの名が与えられた曲たち

■Solid air ver紹介

■フ・ル・ヘッ・ヘッ・ヘツver紹介

■サイボーグver紹介

■ゼブラver紹介

■SCUBA3部作解説

■核P-model

■三界の人体地図全ver比較(イアラさん)

■錯乱の扉の向こう側/マンドレイク(イアラさん)

■ヒカシューの絶景クリスマス(Lucyさん)

■BITMAP全ver

■ソロ25周年企画

■ヴァーチュアル・ライブ

■還弦企画

■過去向く士・Ψヶ原の策謀まとめ

■キミの確率を確立

■ステージの純さんと会話した!

■ゆいこ

■平沢×宮村優子

■大四喜[宮村優子]

■Ruktun or Die

■Rika's Blog Kamifuusen

■舞台版千年女優

★電子降るお絵かき
描いた絵を気が向いたときに載せています。

海外在住Hirasawaファンインタビューシリーズ[協力/Lucyさん]
From Hirasawa Fans All Over the World (Translation:Lucy)

■Osamahさんインタビュー
Interview with Osamah, Saudi Arabia

■Osamahさん来福記録
Osamah"s Trip to Fukuoka

■犬風船さんインタビュー
Interview with InuFuusen(Cano), China

■Osamahさん日本旅行エッセイ
Osamah's Essay on Journey to Japan

■Bryanさんインタビュー
Interview with Bryan, Peru/USA

■Pavelさんエッセイ
Essay with Pavel, Czech

最新記事
電子降る訪問者
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR