FC2ブログ

「時空の水」の話をしようか

サラッと日記。

なんとなく文章が書きたくなったので時空の水(曲)についてサラッと。

jikuu.jpg

この曲はソロ1st「時空の水」(89/9/1発売)のタイトルチューンですが(当たり前)
しかしこの曲のフルサイズスタジオverの初出は
「デトネイター・オーガン」の3(92/3/25発売)なんですねー。
2年半後ってのもですが、オリジナルアルバム収録曲のフルサイズverが
サントラで初出ってよく考えたら面白いですね。
その後、フルサイズverはソロボックス「ハルディン・ドーム」
そして平沢ソロ25周年企画
「アーキタイプ」のDISC2にも収録されているので手に入れやすいですね。
過去記事⇒ソロ25周年企画
ちなみに「時空の水」収録が2分17秒に対して、フルサイズverは4分02秒です。

Error(映像のほう)のエンディングロールにもスタジオ音源使われていますね。

jikuu2.jpg

しかし、いつ聴いてもこの曲癒されますね。
スポンサーサイト

ライブ「回=回」大阪公演感想

核Pライブ「回=回」の感想など。
去年の大阪公演と同じZeppなんばで開催。
今回もずっといつも通り定番の最終日に参加しました。

ライブ感想

今回のライブは「回=回」をより深く理解できるライブでした。
「回=回」を単体で聴くより、1st、2ndの楽曲と同じライブで一緒に
聴くことにより、「回=回」というもののストイックさが、自分の中で
さらに浮き掘りになりました。そして、その逆もしかり。

記事リンク⇒核P-modelまとめ

思い起こすと
「ビストロン」は音そのものと同じぐらい、平沢が「それ」をやるということに
意味があったように思う。アルバム、ライブ共に。

「Gipnoza」はP-model(ファン)を意識し、元メンバーからゲストを招き
ライブは様式美的なカッコ良さがありましたね。

今回の「回=回」はアルバムもライブもぐぐっとP-modelの核(コア)に
向かっていて、改めてライブで聴いてそれが理解できました。

セトリ(Lucyさん提供)※赤字が2日間でダブってない曲。

kai-setori2.jpg

kai setori

今回のライブでは核P-modelのライブでは初めて解凍後の曲は一切なし!
初日の一曲目が「Oh! Mama」で、2日目はなんだろう?って思ってたら
「Zebra」でした。驚いたと同時にやはり意味を感じました。
「Zebra」は解凍Pの始まりであり、そして終わりでもある曲なので
演奏前のエラーオブユニバースのときを連想させるポーズも込め
核P-modelで演奏することになにか意味があるのだろう。
「それ行け!Halycon」の中に「美術館で会った人だろ」のフレーズ。
実は東京公演の演奏曲にする布石か?とか妄想したり。
東京公演ラストでP-modelの原点に「回」帰とかね。

いつも書いてますが、かっこいいライブでした。
そして、いろいろ考える楽しさがあるライブでしたね。

今回いつもライブでお会いする方はもちろん、ツイッターのフォロワーさんで
初めて実際にお会いする方もおられて、楽しかったです。
そして電子降る日記を読んでますよ、と言われると、いつもとても嬉しいですね。
これからもよろしくお願いします。

今回はライブ後は少人数で集まり、まったりと。楽しかったです。
良い面子で話が弾みました。

というわけで毎回言ってますが、次は11月に会いましょう!

回=回感想+[ハルディン倶楽部]HUMAN-LE考察

「回=回」本当に良いアルバムですね。

主に中期のP-modelを始めとした過去作を思い起こさせる音の質感。
特にシンセのフレーズが「perspective」を思い起こさせたり。
そしてソロ作を中心に過去作のフレーズを随所にちりばめた歌詞、メロディ。
ジャケットを始めとするアートワーク。
まさに鉄壁のコンセプトを持ったアルバムだと思います。

自分は平沢を聴き始めて30年近くになりますが
やはり、コンセプトが強固な作品であればあるほど、自分の中でも普遍性を保ち続けてますね。

こういったコンセプトのアルバムを作ろうと思いたち、それをその通りに作れるって
自分の今までやってきた音楽を客観的に理解しているわけで
その場の偶然で作ってきたわけではない、と。
今更ですが、いかにコンセプトというものが音楽にとって大事なのかと。

記事リンク⇒核P-modelまとめ

そして、その核P-modelの「回=回」のラストに収録されている「HUMAN-LE」
まぁ明らかに他の9曲とメロディで言えば差別化を図った曲であり。
ソロ的?いやなにげにソロでもなかったパターンの曲かと。
最初に聴いたときの感想は民謡エレポップでした。とても優しく、ちょっと切ない曲調ですね。

相互リンクさせてもらっている、平沢フレンドのpenpenさんのハルディン倶楽部に
素晴らしい考察記事が載っていたので、紹介します。
---------------------------------------------------------------
ハルディン倶楽部〜HALDYN CLUB〜より

核P-MODEL新譜『回=回』発売! 〜「HUMAN-LE」の考察を中心に〜

なるほど、という感じです。
penpenさんありがとう!

キミの確率を確立ver2.5

「回=回」が発売されたので、昔からやっているこの企画、久々に更新。
--------------------------------------------------------------
アルバムごとの平沢楽曲による「キミ」の確率を確立してみました。
(歌詞に「キミ」が出てくる曲の割合)
P-MODEL(核P-MODELも含む)・ソロのオリジナルアルバムについてだけです。
(そのほうがこの企画の趣旨がはっきりすると思うので)

見かたは
ソロは見たままですが、P-MODELは
平沢の曲のキミ率(全体のキミ(君)率)/平沢が作詞(共作も含む)曲数(全体の曲数)です
例をあげるとKARKADORの3(4)/9(10)は全曲数は10曲で、平沢作詞曲が9曲、そのうちの
全曲のキミ率が4曲で、平沢作詞曲のキミ率が3曲ということです
(+名前)は共作です。「作詞」者の名前を載せてます。
P-MODELに限り、平沢単独作詞=青 共作=緑 にしてます

1000万年の想いが入り乱れるあの場所でキミのことを感じよう!

(P-MODEL)

IN A MODEL ROOM
0(1)/7(11)
ルームランナー(田中)

LANDSALE
1(2)/7(12)
オハヨウ 地球儀(秋山)

Potpourri
1(2)/9(13)
different≠another ナチュラル(田中)

PERSPECTIVE
2(2)/9(9)
Solid air PerspectiveⅡ

PERSPECTIVE Ⅱ
2(2)/11(11)
Solid air PerspectiveⅡ

ANOTHER GAME
4(4)/12(12)
ATOM-SIBERIA BIKE MOUTH TO MOUTH GOES ON GHOST

SCUBA(リサイクル)
4(4)/8(8)
FROZEN BEACH オハヨウⅡ REM SLEEP FISH SONG(+神尾)

KARKADOR
3(4)/9(10)
オルガン山にて LEAK PIPER

ONE PATTERN
1(1)/7(10)
Zebra

P-MODEL
5(5)/11(12)
SPEED TUBE STONE AGE! WIRE SELF GO AMIGO(+秋山) NO ROOM

big body
3(4)/8(10)
CLUSTER BIG FOOT BURNING BRAIN(秋山) HOMO GESTALT


4(4)/7(11)
夢見る力に(+小西) 残骸の舟 Saksit Julia Bird ソリトン

電子悲劇/~ENOLA
7(10)/7(11)
ENOLA HIDDEN PROTOCOL(release2)(小西) BOGY(+福間) Rocket shootⅡ
ENN(小西) 衛星ALONE(+福間) LAYER GREEN(ver.1.05Gold) Spiritus(小西)
ASHURA CLOCK(Discommunicator) Black in White

UNFIXシリーズマキシシングル
※シングルなんですが、UNFIX系は電子悲劇の流れで、アルバム未収録の曲もあるので。

Rocket Shoot
2/3
Rocket Shoot はじまりの日(+小西)

ASHURA CLOCK
2(3)/2(3)
ASHURA CLOCK COLORS(+福間) HIDDEN PROTOCOL(小西)

LAYER GREEN
2(3)/2(3)
LAYER GREEN BA-DA-DHA AFFIRMATION(小西)

音楽産業廃棄物~P-MODEL OR DIE
3(8)/5(10)
ローレシア(小西) 回収船 Moon Plant-Ⅱ Heaven2000(小西) Ancient Sounds(小西)
Rehash(小西) Mind Scape(小西) DUSToidよ歩行は快適か?

ビストロン (核P-MODEL)
3/10
Big Brother 巡航プシクラオン Space hook

Gipnoza(核P-MODEL)
6/10
白く巨大で  Dμ34=不死 Dr.Drevniye Alarm 109号区の氾濫 Timelineの東

回=回(核P-MODEL)
8/10
OPUS TRAVELATOR 亜呼吸ユリア 無頭騎士の伝言 ECHO-233 幽霊飛行機 PLANET-HOME
HUMAN-LE

・P-MODEL史上初の「キミ」は1stの田中靖美作の「ルームランナー」でした
・平沢曲では2ndの「オハヨウ」が最初。なんだか納得
・「ONE PATTERN」は平沢、中野曲合わせて1曲のみ!
・P-MODELでのキミ率No1アルバムは「ENOLA」でした。小西さん作のインスト以外全てに登場!
・「ビストロン」のキミ率の低さは意図?

(ソロ)

時空の水 
6/10
ハルディン・ホテル 魂のふる里 ソーラ・レイ デューン フローズン・ビーチ 金星

サイエンスの幽霊 
3/9
世界タービン ロケット フィッシュ・ソング 

ヴァーチュアル・ラビット 
6/10
嵐の海 バンディリア旅行団 我が心の鷲よ月を奪うな[プラネット・イーグル] 
ヴァーチュアル・ラビット 山頂晴れて 静かの海 

オーロラ 
7/10
LOVE SONG オーロラ 力の唄 舵をとれ スノーブラインド 風の分身 広場で 

シムシティ
8/11
Archetype Engine Lotus Kingdom Echoes Sim City 月の影 Colony Caravan 

セイレーン 
9/11
電光浴-1 サイレン On Line Malaysia セイレーン Gemini Day Scanner 
Siam Lights 電光浴-2 Mermaid song

救済の技法 
7/10
TOWN-0 PHASE-5 庭師KING ナーシサス次元から来た人 万象の奇夜 MOTHER
橋大工 救済の技法 

賢者のプロペラ 
6/10
賢者のプロペラ-1 ルべド(赤化) 二グレド(黒化) 達人の山 ロタティオン(LOTUS-2)
賢者のプロペラ-2

BLUE LIMBO 
8/10
祖父なる風 RIDE THE BLUE LIMBO ツオルコフスキー・クレーターの無口な門 
CAMBODIAN LIMBO 狙撃手 HALO 高貴な城 サトワン歴8869年

白虎野 
6/10
時間の西方 生まれなかった都市 記憶から来た男 Σ星のシダ 確率の丘 パレード

点呼する惑星
4/10
人体夜行 上空初期値 可視海 Phonon Belt 

現象の花の秘密
11(E.ver 2)/12(E.ver 2)
現象の花の秘密 幽霊船 脳動説 盗人ザリネロ 侵入者 Astro-Ho! Phase-7 
Amputee ガーベラ 冠毛種子の大群 空転G 現象の花の秘密-E Amputee ガーベラ-E

ホログラムを登る男
8(B.T 1)/11(B.T 1)
アディオス 異種を誇る「時」 MURAMASA 回路 OFF 回路 ONクオリア塔(LG-G version) 
火事場のサリー 鉄切り歌(鉄山を登る男) クオリア塔(HG-G version)

(企画アルバムetc)

error CD
7/13
ハルディン・ホテル ソーラ・レイ デューン 金星 世界タービン
フィッシュ・ソング ロケット

魂のふる里 
10/11
魂のふる里 カムイ・ミンタラ 嵐の海 フィッシュ・ソング 山頂晴れて 金星
ハルディン・ホテル ロケット ヴァーチュアル・ラビット バンディリア旅行団

PAUSE
7/17
Solid air SPEED TUBE CLUSTER WIRE SELF BIG FOOT
STONE AGE! ZEBRA

LIVEの方法
3/10
Zebra ATOM-SIBERIA LEAK

SOLAR RAY 
10/10
ソーラ・レイ 2 オーロラ 2 賢者のプロペラ 3 Gemini 2 Sim City 2 世界タービン 2
庭師KING 2 BERSERK-Forces 1.5 ヴァーチュアル・ラビット 2 広場で 2

SWITCHED-ON LOTUS 
7/10
MERMAID SONG SWITCHED-ON LOTUS SIAM LIGHTS ARCHETYPE ENGINE
KINGDOM LOTUS ハルディン・ホテル 

映像のための音楽
4/8
カムイ・ミンタラ ロタティオン(LOTUS-2) INDRA 夢の島思念公園

PHONON 2550 LIVE
9/14
嵐の海 時間の西方 ルベド(赤化) ナーシサス次元から来た人 生まれなかった都市
万象の奇夜 救済の技法 ハルディン・ホテル Town-0 Phase-5 

突弦変異
6/10
Solid air LEAK GOES ON GHOST WIRE SELF DUSToidよ歩行は快適か?
ASHURA CLOCK 

変弦自在
4/7
サイレン*Siren* MOTHER 金星 バンディリア旅行団 

LIVEの方法2 導入のマジック
6/8
嵐の海 Big Brother Solid Air 庭師KING ソーラ・レイ2 Sim City

アーキタイプ(DISC1)
13/16
フローズン・ビーチ ハルディン・ホテル 金星 ロケット ヴァーチュアル・ラビット
山頂晴れて 嵐の海 広場で オーロラ LOVE SONG Archetype Engine Kingdom
Lotus 

Ash Crow
4/10
BERSERK-Forces 2016 FORCESⅡ 冠毛種子の大群(Large Chamber ver.) INDRA2016

・やはり、いわゆるタイ三部作のころはキミ率が高い。特に「Sim city」はインスト的な曲が2曲なので
「環太平洋偽装網」以外、全曲。超納得。
・「SOLAR RAY」はなんと全曲!なんという偶然
・「点呼する惑星」と「現象の花の秘密」のキミ率の差が興味深い

と、いうわけで、「キミ率」トップ3アルバムはオリジナル・アルバムでは

1 「現象の花の秘密」
2 「シムシティ」
3 「セイレーン」
でしょうかね。
(他メンバーの曲を含めてなら「ENOLA」が1位
企画アルバムを入れていいなら「SOLAR RAY」)

次回は「ボクの確率を確立」かな?
Welcome!

星野 菫

Author:星野 菫
平沢進、P-modelを敬愛して、29年の星野 菫による電子降る日々

※重要 このブログの記事を利用される方は必ず連絡をください。
よろしくお願いします。


(C)Denshi Furu Nikki

This is a blog I, Sumire Hoshino, write about my days and events as a fan of Susumu Hirasawa and P-MODEL. The mainly featured journal pages are about my big collection of CDs and records. I have tried collecting all of the different versions of each CD/record by Susumu Hirasawa/P-MODEL. I hope you enjoy reading it.

My twitter ID is :@sumire_hoshino

現在の記事数 226

ピックアップ記事リンクはこちらから↓

[メイン記事]
複数買いコレクション


■カルカドル

■IN A MODEL ROOM

■Perspective

■舟

■ANOTHER GAME

■P-MODEL

複数買い以外の記事をいくつか紹介

■DIW/SYUN全作品解説

■All released albums from DIW/SYUN (Translation:Lucy)

■SYUNレーベル作品の今

■NeoBallad新年会2017

■NeoBallad新年会2018

■NeoBallad新年会2019

■ことぶき光さんの楽屋で

■ステージの純さんと会話した!

■電子降るナイト/1.5

■Lotusの名が与えられた曲たち

■Solid air ver紹介

■フ・ル・ヘッ・ヘッ・ヘツver紹介

■サイボーグver紹介

■ゼブラver紹介

■SCUBA3部作解説

■核P-modelまとめ

■核P-model

■ソノ・マニアックス(イアラさん)

■三界の人体地図全ver比較(イアラさん)

■錯乱の扉の向こう側/マンドレイク(イアラさん)

■「旬」禁断の禁欲テクノ(イアラさん)

■ヒカシューの絶景クリスマス(Lucyさん)

■BITMAP全ver

■ソロ25周年企画盤

■ヴァーチュアル・ライブ

■還弦企画

■過去向く士・Ψヶ原の策謀まとめ

■キミの確率を確立

■ゆいこ

■平沢×宮村優子

■大四喜[宮村優子]

■Ruktun or Die

■Rika's Blog Kamifuusen

■舞台版千年女優

電子降るお絵かき
描いた絵を気が向いたときに載せています。

海外在住Hirasawaファンインタビューシリーズ[協力/Lucyさん]
From Hirasawa Fans All Over the World (Translation:Lucy)

■Osamahさんインタビュー
Interview with Osamah, Saudi Arabia

■Osamahさん来福記録
Osamah"s Trip to Fukuoka

■犬風船さんインタビュー
Interview with InuFuusen(Cano), China

■Osamahさん日本旅行エッセイ
Osamah's Essay on Journey to Japan

■Bryanさんインタビュー
Interview with Bryan, Peru/USA

■Pavelさんエッセイ
Essay with Pavel, Czech

電子降る訪問者
最新記事
最新コメント
こちらからキーワード検索どうぞ
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ