幻想の生活 [illustration by higan chan]

たまにはゲームの日記を。
最近、ファンタジーライフにハマってます。
ちょっと遅れて始めたのですが、現在プレイ時間70時間ほどです。
このゲームなかなか楽しいですね。

3618534_1973962464_148large.jpg

ボクのゲーム中のキャラ、スミレーンです

1361810368873a.jpg

このスミレーンのイラストの作者は彼岸さんです。素敵な絵をありがとう!

メインは魔法使いで、他の職業もいくつか、マスター、えいゆうまであげてますが
現在、でんせつまであげたのは魔法使いだけですね。
魔法使いはあんまり強い職業ではないかもだけど、やっぱ楽しい。

アップデートでオンライン対応になるようで。
かな~り期待しております。
それまでにはLV99にしときたいなぁと思ってます。

追記
LINK!までに、なんとかLV99になりました!
スポンサーサイト

アナザーなANOTHER GAME

久々に複数買いコレクション日記を書いてみようと思います。

今回は「ANOTHER GAME」で。

※複数買いシリーズ

カルカドル

IN A MODEL ROOM

Perspective



ANOTHER GAME

今回はちょっと趣向を変えて、収録曲「ATOM-SIBERIA」を中心に話を
進めていきます。
「ATOM-SIBERIA」には2つヴァージョンがあるのは、平沢ファンならみなさんご存知でしょう。
文中は便宜上「修正ver」「通常ver」と分けます。

「ANOTHER GAME」の歴代ver(亞種音を入れて5つ)にどちらが収録されてきたか
というのはなかなか知らない人もいないのでは、と思い。

それでは

CA89SF0U.jpg

・LP盤
28JAL-2(1984年2月25日発売)
所謂アナログ盤。この盤収録はもちろん当たり前ですが「修正ver」
これだけのために発売が4ヶ月も遅れた、というのは有名ですね。

CAWHNG7Q.jpg

・初CD化
27WXD-120(1989年6月25日発売)
最初のCD化。この盤収録は「通常ver」ここに来て、やっと「通常ver」が
世に出ることとなるんですね。LP盤発売から5年後のことですね。

・CD選書
TKCA-70480(94年9月25日発売)
2度目のCD化。この盤収録も「通常ver」
これまでの2度のCD化でどちらも
「通常ver」が収録されてきたというのは企画者のサーヴィスなのか。はたまた本人達の意向か。
と、ここで、面白いことが。次に紹介する亞種音収録まで「修正ver」はアナログでしか
聴けなかったという事実に。つまり、「修正ver」がCDで聴けるようになるまで
オリジナル発売から、なんと18年かかったということ。

CAC7K4LH.jpg

・太陽系亞種音DISC-4
CHTE-0008(0019)(2002年5月10日発売)
DISC4に「通常ver」DISC15に「修正ver」収録。
現在まで、「修正ver」のCD盤はこれだけです。

・紙ジャケ盤
SS-903(2007年4月25日)
現在までの最新盤。これが謎というか、歌詞カードは「修正ver」
しかし、実際に収録されてる音源は「通常ver」という。
この辺、キチンと作ってほしかったですね。

というわけで、今現在、「修正ver」を聴くにはLP盤かCDでは亞種音しかない、ということです。

しかし、「ANOTHER GAME」はおもしろいアルバム。
・冒頭の「ANOTHER GAME Step1」での声優さんのナレーション(平沢の声と思ってる人もいるかも)
・カヴァー曲「バイク」収録(平沢はソロ、P-model、P-model以前で洋楽のカヴァーをいくつかして
盤にもなってますが(配線上のアリアも、一応そうかw)P-modelのオリジナルアルバムではこれだけ)
・カヴァー曲以外は全て平沢作詞作曲。これもこのアルバムだけ。
・ラストの曲「AWAKENING SLEEP〜αclick」はLPではエンドレスになってて
永久的に「んぼぼぼぼぼ・・・」が続く(必聴)

後は、ライナーの幻想的な写真の美しさは素晴らしいですね

CAXQB5EN.jpg

以上です。

ボスッ!

P-modelファンならおなじみ、宝島VOSの7号。
収録映像は「三界の人体地図」収録のサイボーグと同じなんですけど。

CAVIIX6O.jpg

ビデオデッキチェックのために久々に観ました。
ビデオ収録の同時代の他のバンドと比べて観る、ということによって
改めて、P-modelというバンドの、そして平沢進という人物の普遍性が浮き彫りになってるな、と思いました。

この80年代末期という、微妙な時代にも、ブレてない。かっこいい。

お知らせ

今回、スマホや旧型PC用に画像サイズを適正化しました。

良かったら過去の記事を読んでいただければ嬉しいです。

このブログ、今後、ゲームの記事を強化しようかな、と思ったり。
プロフィール

星野スミレ

Author:星野スミレ
平沢進、P-MODELを敬愛して、27年の
星野スミレによる電子降る日々

(C)Denshi Furu Nikki

This is a blog I, Sumire Hoshino, write about my days and events as a fan of Susumu Hirasawa and P-MODEL. The mainly featured journal pages are about my big collection of CDs and records. I have tried collecting all of the different versions of each CD/record by Susumu Hirasawa/P-MODEL. I hope you enjoy reading it.

My twitter ID is :@sumire_hoshino

現在の記事数 188

[メイン記事]
複数買いコレクションです↓の記事へのリンクからどうぞ


■カルカドル

■IN A MODEL ROOM

■Perspective

■舟

■ANOTHER GAME

■P-MODEL

複数買い以外の記事をいくつか紹介

■DIW/SYUN全作品解説

■SYUNレーベル作品の今

■Lotusの名が与えられた曲たち

■Solid air ver紹介

■フ・ル・ヘッ・ヘッ・ヘツver紹介

■サイボーグver紹介

■ゼブラver紹介

■SCUBA3部作解説

■核P-model

■三界の人体地図全ver比較(イアラさん)

■錯乱の扉の向こう側/マンドレイク(イアラさん)

■ヒカシューの絶景クリスマス(Lucyさん)

■BITMAP全ver

■ソロ25周年企画

■ヴァーチュアル・ライブ

■還弦企画

■過去向く士・Ψヶ原の策謀まとめ

■キミの確率を確立

■ステージの純さんと会話した!

■ゆいこ

■平沢×宮村優子

■大四喜[宮村優子]

■Ruktun or Die

■Rika's Blog Kamifuusen

■舞台版千年女優

★電子降るお絵かき
描いた絵を気が向いたときに載せています。

海外在住Hirasawaファンインタビューシリーズ[協力/Lucyさん]
From Hirasawa Fans All Over the World (Translation:Lucy)

■Osamahさんインタビュー
Interview with Osamah, Saudi Arabia

■Osamahさん来福記録
Osamah"s Trip to Fukuoka

■犬風船さんインタビュー
Interview with InuFuusen(Cano), China

■Osamahさん日本旅行エッセイ
Osamah's Essay on Journey to Japan

■Bryanさんインタビュー
Interview with Bryan, Peru/USA

■Pavelさんエッセイ
Essay with Pavel, Czech

最新記事
電子降る訪問者
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR